スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

SAKU酒蔵アグリツーリズム推進協議会インバウンド勉強会の講師を務めさせていただきました。

こんにちは。FM BIRDのあさやけです。
現在も13ヶ所の酒蔵が密集していて酒蔵の街として名を知られている長野県の佐久。まだ少し冬の風が残っている時期に、2日間のSAKU酒蔵アグリツーリズム推進協議会主催のインバウンド勉強会に、講師として参加させていただきました。


今回のインバウンド勉強会は、長野県佐久市臼田の橘倉(きつくら)酒造の敷地内で、酒蔵体験ができるゲストハウスKURABITO STAYの代表である田澤麻里香様とのご縁がきっかけでした。

KURABITO STAY

田澤様とは以前、FM BIRDの代表取締役社長である長倉が、ビジネスコンテスト「みんなの夢アワード」の理事を務めながらプレゼンテーションの講師として活動していた時、講師と生徒として知り会いました。地元長野の地方創生への貢献を目指してKURABITO STAYのビジネスアイディアでご参加された田澤様は見事にグランプリを獲得。その後ビジネスを立ち上げ、今年の3月下旬開業に至りました。

今回の勉強会『街を盛り上げるインバウンド「おもてなし」』ではKURABITO STAYにご賛同やご協力いただいている地元の飲食店の方々を対象に、勉強会とワークショップを通じてインバウンドコミュニケーションついてお話しさせていただきました。

インバウンドコミュニケーションといえば接客用の英語のセリフをご期待された方もおられると思いますが、まずはコミュニケーションそのものへの理解がインバウンド対応のベースになると言っても過言ではありません。だからあえてコミュニケーションの概念からスタートしました。そして東西コミュニケーション・思考の違い、外国人のお客様を迎える心構え、各国のエチケット、必須の英語フレーズまで、事例やワークショップを交えてインバウンドコミュニケーションについてお伝えいたしました。勉強会の後には実際にご参加いただいた飲食店へ訪問、各店ごとの特徴を踏まえ実際の対応についてアドバイスさせていただきました。


両日の勉強会終了後、ご参加いただいた方々からはインバウンドコミュニケーションだけではなく、インバウンド受け入れに対する意識自体が変わったという声をたくさんいただきました。大半の方がインバウンド受け入れ対応の経験がないことから、インバウンド受け入れに自信がなく、心配されておられるようでした。今回の勉強会で、言葉が…

最新の投稿

和テンション株式会社にお邪魔しました。

神宮前のHOUSE FilMelangeにてHOUSE9周年の宴にお邪魔しました。

FM BIRDとはどんな会社?インバウンドビジネスコンサルティングとは?

『最高峰のカットソー』アパレルブランドFilMelangeを展開するBBA Association様:ヒヤリングのパワー。

インバウンドビジネスコンサルティング事業を始めたきっかけとは?

はじめまして!ブログをはじめた経緯など。