スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

いまさら聞けない!「コロナ」の正式名称とは?

こんにちは。FM BIRDのあさやけです。
みなさん、コロナ禍の中、いかがお過ごしでしょうか。
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、マスクをつけたり、手を消毒したり、人との物理的な距離を意識したりすることにほぼ違和感を覚えなくなってきましたね。
こういった「新型コロナウイルス感染症」対応を、大手企業、役所はもちろん、街中の中小規模の飲食店も、事業を継続するために積極的に取り入れるようになってきました。ここ1-2か月、このような対応についてのお客様へのお知らせを、事業所や店舗に表示しているのをよくみかけるようになりました。さらに外国の方向けに英語や中国語でも併記されるケースも多くみられます。 ですが、英語の翻訳が少々おかしかった
り、直訳しすぎてニュアンスや意図が変わってしまったりするケースもたまにみかけて、「ああ、もっといい翻訳ができるかもしれないのに残念だなぁ」 と思うこともあります。
先日偶然みかけたある役所の英語案内で、全体の翻訳というよりも、「新型コロナウイルス感染症」、いわゆる「コロナ」そのものの英語表記が怪しいケースがありました。なんと、「新型コロナウイルス感染症」をそのまま訳して「New-type Coronavirus Infectious Disease」と表記していました。日付は2020年5月。思わず「えっ?」と声に出してしまいました。


これを翻訳した方は、ここまで英語ができるにもかかわらず、まさかWHO(世界保健機関)が発表したことで、世界中で通用するようになったコロナの正式名称(ローマ字表記)を知らないのか?もしくは役所だから日本の名称をそのまま訳すのにこだわったのか。様々な思いが頭をかけめぐりました。
それで、周りの人々に聞いてみました。
「世界中で通用する【コロナ】の正式名称を知っていますか」
いや、もっと平たく、「【コロナ】英語でどう言うか知っていますか」
そうしたら、概ね「コロナってCoronaでいいんじゃない?」という反応が返ってきました。
確かに2020年は新型コロナウイルス感染症によって人々の生活が大きく変わってきているので、みんなの頭の中の「コロナ」がその「コロナ」だけなのだから、CoronaでもCorona virusでも、Coronavirus Diseaseでも通じると思います。そして口頭で伝える分には何の問題もないと思います。
しかし、…

最新の投稿

SAKU酒蔵アグリツーリズム推進協議会インバウンド勉強会の講師を務めさせていただきました。

和テンション株式会社にお邪魔しました。

神宮前のHOUSE FilMelangeにてHOUSE9周年の宴にお邪魔しました。

FM BIRDとはどんな会社?インバウンドビジネスコンサルティングとは?

『最高峰のカットソー』アパレルブランドFilMelangeを展開するBBA Association様:ヒヤリングのパワー。

インバウンドビジネスコンサルティング事業を始めたきっかけとは?

はじめまして!ブログをはじめた経緯など。